講師紹介|神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校 音楽・ダンス・俳優・声優
CLOSE

講師紹介 INSTRUCTORS

INSTRUCTORS

一人ひとりの情熱にとことん向き合ってくれる講師陣

神戸甲陽の講師はとにかく学生思い!業界の第一線で活躍するプロフェッショナルから直接学ぶ。

ミュージシャン

ランドール コナーズ / サックス

インターローケン・アーツ・アカデミー卒業後、ニューイングランド音楽大学で修士号を取得。セシル・マクビーと知り合い世界各国をツアー。ボブ・モーゼスのアルバム他、’97年セシル・マクビーのアルバム「Unspoken」にも参加。ニューイングランド音楽院、イースタン・ナザリーン・カレッジでアンサンブル、サックスの指導者として活躍。現在、精力的にライブ活動を展開中。

古谷 光広 / サックス

幼少の頃より、父・古谷充の影響で音楽の基礎とピアノを学ぶ。ジャズ・サックスを赤松二郎、奥田章三、宗清洋、理論を田中克彦に師事。’98年3月アルバム「KHAMSIN」をリリース。’97年12月アトランタ、’98年9月GJOでモンタレイ・ジャズ・フェスティバル、’04〜’06年IAJEなどに参加。ほか「est−1」CMソング、「パワフルプロ野球」OPテーマ提供。円広志のセッションレコーディングにも参加。

荒崎 英一郎 / サックス/フルート

大学卒業と同時に上京し土岐英史氏に師事、東京都内で活動後渡米、バークリー音楽大学を卒業。 現在、荒崎ビッグバンド、フリーダムジャズスピリッツ、10テナー・サックス・アンサンブル、ディスカルゴオオサカなどを主宰し、数々のビッグバンドアレンジで活躍中。

広瀬 未来 / トランペット

甲南高校でトランペットを開始。在学中、渡辺貞夫と共演。Student Jazz Festivalではベストプレイヤー賞受賞。高校卒業後に中山正治ジャズ大賞などを受賞。’03年New Yorkへ単身渡米。ライブハウス出演やレコーディングに参加。Valery Ponomarev, Houston Person, Frank Wess, Billy Harper, Lonnie Smithら世界トップミュージシャンと共演、リンカーンセンターへの出演も果たす。リーダーアルバムは各メディアで絶賛。’14年、日本で演奏活動を展開中。

大島 一郎 / トロンボーン

甲陽音楽学院卒業後、18歳にしてプロデビュー。 大地真央や市村正親らのミュージカルの他、米モントレージャズフェスティバルや各地のジャズフェスティバル等に多数出演。2006年には自己のバンド「HEART BEAT DIXIELAND」を結成。Bob Mintzer, Eric Marienthal, Bill Watrous, Steve Davis,Andy Martin他、世界的なプレイヤーとの共演の他、映画「新宿インシデント」や、TV番組「探偵ナイトスクープ」への出演、更には吹奏楽アレンジの楽譜の出版や、音楽専門誌「ブラストライブ」での執筆活動など、多方面に才能を発揮している。近年はBrass Lab.MOMO「ruff lek serie」から自身のシグネチャーモデル・マウスピース「ICHIRO」をリリース。

辻川 忠男 / キーボード

5歳よりクラシックピアノをはじめる。大学を卒業後、甲陽音楽学院に入学。ピアノをフィリップストレンジ氏に、理論・アレンジを荒崎英一郎氏に師事。その後、25歳からポップス・ジャズ・フュージョンなどでプロとしての音楽活動に入る。ライブハウス・スタジオでの演奏活動に加え、TVでの録音やテーマパークの楽曲アレンジ制作などの分野で活躍中。MIDI検定1級所持。

竹下清志 / ピアノ

大阪教育大学ピアノ科卒業。在学中にジャズの魅力にひかれ演奏活動を始める。大阪芸術祭大賞第1回受賞。西山満グループ、中山正治カルテット、日野皓正グループなどを経て、現在は関西のジャズシーンを中心に活躍中。NHK朝の連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」「和っこの金メダル」の音楽演奏、「カムカムエヴリバディ」への出演、クラシック、ポピュラー、タンゴ、ボサノヴァとジャンルを問わない演奏活動を行っている。共演ミュージシャン:ジミー・スミス、アート・ブレイキー、アル・フォスター、レイ・ブラウン、ハンク・ジョーンズ、久保田利伸など。

植田良太 / ピアノ

本校卒業生・バークリー音楽大学 卒。ジャズ・ゴスペル・R&Bなど黒人音楽やラテン・ブラジリアンなど幅広いコンテンポラリーミュージックを、その場に応じたサウンドで的確に表現できるピアニスト。幼少期より教会音楽に触れ自然に身についたハーモニー感覚と、理論に裏付けされた知識による大胆かつ斬新なピアノボイシングやメロディの作り方は多くのミュージシャンから評価されている。現在は京阪神を中心にライブ、アーティストのサポート、各種レコーディング等を行っている。またアレンジャーとしても活動しており、聞き馴染みのあるスタンダードなどを高度にリハーモナイズされたアレンジには定評がある。

野間由起 / ピアノ

本校卒業生。在学中より、英国RAD(Royal Academy of Dance)バレエピアニスト、ミュージカルや合唱団の伴奏を務める。主に大阪・神戸を拠点に、ホテル、ラウンジでの演奏、レコーディング、学校公演や施設演奏、また、セレモニープレイヤー、音楽教室ピアノ講師としても活動する。作曲や編曲も幅広く手掛け、様々なアーティストのCDにも参加。クラシックピアノを中條裕子、埴生章子、ジャズピアノを岩崎恵子、名倉学の各氏に師事。合唱団グラツィアプレナ、The Shin Chorus、Tanto Canto専属ピアニスト。

枡田 咲子 / ピアノ

甲陽音楽学院を卒業後、IASJジャズミーティングパリ大会に参加。バークリー音楽大学に編入し、Alex Ulanowski AWARDを受賞、ジャズコンポジション科を首席で卒業する。JAJEカンファレンスやEBUアレンジャーワークショプに参加するなど国内外で活動。’09年ブリュッセルジャズオーケストラのジャズコンポジションコンテストでグランプリBIOアワードとオーディエンスアワードを受賞。

藤山 龍一 / ギター

甲陽音楽学院エレキギター専攻を卒業後、バークリー音楽大学へ留学。在学中はGuitar Department Achievement Award(同大学ギター部門最優秀賞)を受賞。帰国した現在はロック、JAZZ、ブラジリアンを中心とした音楽で、関西を中心にライブやレコーディングで活躍中。

引田 寿徳 / ギター

姉妹校OSM卒。在学中にハリウッドに音楽留学し、卒業後は日本でのプロ活動をスタート。 2000年に渡米し世界的ロックバンド ヴァン・ヘイレンのヴォーカリストであるデヴィッド・リー・ロス・バンドの正式メンバーとしてワールドツアーに参加。後にベースの巨匠ビリー・シーン、世界的メタルバンドKoRnのドラマーであるレイ・ルジアーとのインスト・メタル・バンド「Hideous Sun Demons」で全米デビューし欧米で高い評価を得る。 現在は「ミッキー吉野ニューグループ」や「TRI HORNBUFFALO」「the Badasses」を中心にワールドワイドに活躍中。

清野拓巳 / ギター

1996年バークリー音楽大学を最優等(Summa Cum Laude)で卒業。在学中よりさまざまなレコーディング、コンサート、フェスティバル等に参加。帰国後は、自己のグループやソロ演奏での活動と平行して、精力的に国内外のミュージシャンとの共演を重ねている。日本、アメリカ、ヨーロッパ等のレーベルから70枚以上のCDを発表。既成概念にとらわれないボーダレスな姿勢、独自の世界観をもつ音楽は海外からの評価も高い。2020年、吹田市より文化功労者表彰を受ける。

田路雄一 / ギター

ヤマハPMS講師エレキギター科、アコースティックギター科、ウクレレ科、大人のギター科講師。 ギターを土野裕司に師事。ウクレレソロ、バンドともにジ・ウクレレコンテスト西日本最優秀賞、全国大会ファイナリスト。2013年2月ハワイで行われたインターナショナルウクレレコンペティションにてグループ部門にて第三位入賞。ギターでは「千と千尋の神隠し」のうーみとのユニット参加し、CD制作、アレンジ、ライブ演奏、TV出演。ボサノバシンガーhayatokaoriなどメジャーアーティストのサポート、FM802はじめメディアへの出演、大型アミューズメントテーマパークの企画録音。ミュージカル音源の作成の録音等。個人でのバンド活動やソロ活動、セッションライブ等。

斉田和典 / ギター

AN Music School京都校在学中より当時バークリー助教授であったトモ藤田氏の国内ツアーのローディを経て、タレントや歌手のツアーギタリストとしてキャリアをスタート。その後、水樹奈々、関ジャニ∞、Hey Say Jump等のアーティストに楽曲提供やレコーディングで参加。太鼓の達人などの遊戯機器、CM、リトミックの音楽制作も行う。自身がプロデュース/ギタリストとして参加するロックシンガー「大山まき」バンドではYOUTUBEに投稿した『アコメタル』が再生回数2000万回以上記録し、国内外のTVやフェスにも出演。

西川進 / ギター/プロデューサー

「感情直結型ギタリスト」の名の元、独創的かつ存在感のあるギタープレイで「西川進」という独自のジャンルを築き上げている。 椎名林檎・ももいろクローバーZ・aiko・KinKiKids・いきものがかり・スプラトゥーン等、数多くのレコーディングやライブ、作曲やサウンドプロデュースを手がける。 新人の才能育成にも精力的で、次世代からの注目度も高い。 音楽事務所「株式会社Smash Room」「株式会社 Emö SensatioN」代表

西本圭介 / ベース

姉妹校OSM卒。在学中にハリウッドBITへ留学。卒業後は超絶ギタリストKelly Simonzバンドにてヨーロッパデビューを果たし、ディープ・パープルのメンバーであったグレンヒューズ+ ジョーリンターナーのヨーロッパツアーのOAに抜擢され11ヶ国、全19公演を行う。 また巨匠ビリー・シーンと共に世界的バンドKoRnのドラマーであるレイ・ルジアー氏の作品に参加し、テクニカルロックベーシストとして世界的に認知され、ベース・マガジンのテクニック特集でも紹介された。現在は本校の教務部長/副校長を務めている。

宮地遼 / ベース

本校卒業生・ 姉妹校ニューヨーク コレクティブ卒業。岡山県出身、作曲家。Nishigaki Guitars, La Bella Strings アーティスト。 リーダーアルバムのリリース、自身のバンドでの 2019年 世界最高峰のジャズフェスティバル、イタリアで行われたUmbria Jazz Festival 2019に自身のバンド “Ryo Miyachi Quintet” でその年唯一の日本人バンドとして出演。2021年 フジロックフェスティバルに草田一駿五重奏体系のメンバーとして出演。2021年 ゲーム会社”Square Enix”とのコラボ企画 “Lounge Jam”を行う。自身のバンド”Ryo Miyachi Quintet”のバンドリーダー、ベーシスト、アレンジャーを務めた。完成した映像作品は、YouTubeにて合計20万回を超える再生回数を記録し話題となる。

青木 信弘 / ベース

1983年広島生まれ。高校生の頃よりベースをはじめエムアイジャパン大阪校に入学。卒業後は同校で講師を勤めプロミュージシャンとしての活動を開始。アーティストのライブサポートやレコーディングなどベーシストとしての活動だけではなくアイドルプロデュース、企業CMの制作などマルチに活躍中。

上山崎 初美 / ウッドベース

1951年1月31日生まれ。21歳でプロデビュー。「川村翼トリオ」「大塚善章トリオ」「古谷充とザ・コンコード」を経て自己のグループを結成。関西一円のライブスポット、ホテル、コンサートホールなどに出演。 並行して「関西フィルハーモニー管弦楽団」「京都市交響楽団」「広島市交響楽団」「京都シティフィルハーモニー管弦楽団」、スタジオワークなど幅広い音楽シーンでも活躍。

梶原 大志郎 / ドラム

大阪府出身。11歳の頃からドラムを始め、佐々木晴夫氏、金子敏男氏に師事。「花*花」「音光明媚」「ギタピス」「THE SOUTH PACIFIC」「三人鉄道」「SOLID LOVE」他多数のバンド、ライブサポート、レコーディング等に参加。大西ユカリ、甲本ヒロト、土屋アンナ、福原美穂などとも共演する。

トミー・スナイダー / ドラム

[教育顧問]「銀河鉄道999」「ガンダーラ」「モンキー・マジック」等でおなじみのロックバンド『ゴダイゴ』のドラマーである。ゴダイゴの活動と並行してルパンIII世のテーマ「スーパー・ヒーロー」等大野雄二のレコーディングに参加、TVサントラやCMソング制作等を多数手がけている。本校では定期的にドラムクラスを受け持っていただいている。

木村琢磨 / ドラム

本校卒業生。ラスベガラスで日本人初の単独公演。’18ブルガリア国立ソフィアフィルハーモニーと現地で単独共演、’19日本開催ラグビーW杯決勝でのライブなど国際的に活躍。本校卒業後ポニーキャニオン系レーベルからデビュー。’11年からUSJのミュージシャンとして活動。’13年カウントダウンショーの製作。’13年VINOでBattle de Egg優勝。アメリカ、ラスベガスで日本人初の単独公演を行う。’14ラスベガスから出演オファーを受け渡米。’15年ドラムのソロパフォーマーとしてラスベガス、フリーモントメインステージに出演。VINOアルバム’21年「FIVE RINGS」’22年「Tigre」2年連続でiTunesインスト部門1位獲得。

江森文男 / ドラム

宝塚歌劇やミュージカル等での演奏、録音の他、様々なジャンルの歌手のステージ、ショ ーを務める。 主な参加ミュージカル 『ローマの休日』 - 大地真央 主演、『ファントム』 - 蘭寿とむ 主演、『ラマンチャの男』 - 松本幸四郎 主演、『オーシャンズ11』 - 香取慎吾、観月ありさ 主演 等。 オーケストラとの共演も数多く、 『バーンスタイン ミサ』- 井上道義 指揮ー大阪フィルハーモニー交響楽団、『中川晃教コンサート』、『歌舞伎座でオーケストラVol.1~10』ー日本センチュリー交響楽団、『JUJU』『加藤ミリア』『岩崎宏美』コンサートー京都市交響楽団、『サマーポップスコンサート』ー関西フィルハーモニー交響楽団等にも参加。

Ray Luzier / ドラム

[海外教育顧問]全世界で2,500万枚以上のトータル・セールスを記録しているモンスター・バンド[KORN]のドラマー。サイドプロジェクトにて本校講師である引田 寿徳(G)、西本圭介(B)とジャパンツアーを行う親日家でもある。海外教育顧問として来日の際には授業を受け持っていただいている。

松田 “GORI” 広士 / ドラム

学生の頃からプロとして活動を開始、’99年に渡米、清野拓巳Dropsや栗田洋輔他、多数のアルバムに参加。Sixnorth NEXT ORDER等、プログレシーンにおいても活躍、海外レーベルよりアルバムリリース、ジャンルの枠にとらわれず繊細かつ大胆なアプローチは色彩感を失わず多数のインプロバイザーから高い評価を得ている。

松井優樹 / 音楽療法/フルート

本校卒業生。兵庫県音楽療法士、フルーティスト。本校卒業後、京阪神を中心に、様々なジャンルのライブ、レコーディング活動、作曲活動を行っている。トロンボーン奏者Tommy氏(冨岡毅志氏)に師事。音楽療法士としては、放課後等デイサービス、多機能型事業所、障がい者支援施設、聴覚障がい者支援施設、児童発達支援事業所、高齢者施設、緩和ケア病棟など様々な福祉施設への訪問、出張コンサートを積極的に行っている。本校卒業生

堀彩 / 音楽療法/フルート

同志社女子大学学芸学部音楽学科文化専攻 音楽療法コース第一期生。日本音楽療法学会認定音楽療法士。あしや音楽療法研究会代表。 甲陽音楽学院ミュージックセラピーコース講師、同ミュージックセラピー神戸 主任セラピスト(平成18~30年)。 緩和ケア病棟、生活介護事業所、障害児(者)施設など、医療・福祉領域を中心に様々な現場で音楽療法活動を継続中。施設や病院への訪問演奏の企画なども行う。医師、看護師、介護職など専門職を対象とした講演活動のほか、後進の指導なども継続している。

今井 マサキ / ヴォーカル

姉妹校OSM卒。松任谷由実のツアーにコーラス参加し、キャリアをスタート。「FNS歌謡祭(フジテレビ系)」ホストバンドのコーラスとしてもレギュラー出演。D-LITE(from BIGBANG)、JUJU、秦基博、ATSUSHI(EXILE)、アンジェラ・アキ、KinKi Kids、Superfly、平井堅、槇原敬之、松任谷由実、矢沢永吉、吉田拓郎など多数のアーティストのツアー、レコーディングにコーラスとして参加。

塚本 直 / ヴォーカル

姉妹校FSM卒。国内外で活躍するヴォーカリスト。Superfly、福原美穂、平井堅、長渕剛、水樹奈々、ゴダイゴ、JUJUなど数々のアーティストと共演。また、2014年には宮本亜門演出ミュージカル「ヴェローナの2紳士」にも出演。

yui / ヴォーカル

姉妹校NSM卒。日本を代表するゴスペルグループTHE SOULMATICSのメンバーとして活動中。 Sloop On SomebodyのボーカリストTAKEのソロカバーアルバム収録の"Jupiter"にてデュエットで参加。 ベストヒット歌謡祭、日テレ「世界1のSHOW タイム」、フジテレめざましテレビ「めざましライブ」への出演をはじめ、ゴダイゴ、五木ひろし、Doberman Infinity、Charaなどトップアーティストのレコーディングやツアーサポートとして参加。 海外では、世界を代表するシンガーのKelly Price、MELONIE DANIELS、STACY FRANCIS等と共演経験があり、LA、シカゴ、NYなど海外へのツアーにも参加、国内外で活躍。

gi-na / ヴォーカル

姉妹校TSM卒。98年ポニーキャニオンより、EARTH SHAKERのヴォーカルMARCYプロデュースによりメジャーデビュー、T.M.Revolution西川貴教主演ミュージカル『リトルショップ ホラーズ』出演、ワーナーミュージックジャパンよりgina名義でもalbumリリース、アニメ『テニスの王子様』、SHOW-YA 寺田恵子ソロアルバム等に歌詞提供、現在、the Badassesでの活動と2枚のCDリリース、the MARCY BANDでの活動他、コーラス、作詞/作曲家としても活躍中。

溝口恵美子 / ヴォーカル

大阪音楽大学声楽科卒。NZのJapan Festival、Monterey Jazz Festival、NYCでのIAJE等に出演。エディヒギンズ、ルイスナッシュや、国内外一流のミュージシャンと共演。2002年、ツナガレタアオ/ キムサク、2010年、Like a rainbow/ eminobをリリース。自己のユニット、溝口恵美子groupでは、2012年、Come and go、2019年、Vespertideをリリース。 ジャズスタンダードを愛する傍ら、作詞作曲も手がけ、そのオリジナリティある音楽観に定評のある歌い手。

矢野里佳 / ヴォーカル

本校卒業生。アレサ・フランクリンの歌声に衝撃を受け、プロのシンガーを志す。ソウル、ファンク、ゴスペル、ポップスなど広く様々なジャンルでステージを経験。CMソング、ゲーム音楽などの録音にコーラスで参加。現在、シンガーソングライターとして活動する傍ら、後進の育成にも力を入れている。

山本尚希 / ヴォーカル

姉妹校OSM卒。ゴスペルグループソウルマティックスのsinger として活動し、k-popアーティスト、劇団四季の俳優への歌唱指導も担当。 ゴダイゴ、ベー・チェチョル、ももいろクローバーZ…その他アーティストとの共演も多数。

ソラナヒトミ / ヴォーカル/ 作曲

「時代をこえて誰かのおまもりになるような一曲を」をLife workとして大人から子供にも伝わるシンプルな言葉とSoul,Acid jazz,Game music などの影響を受けたジャンルレスな音色、楽曲の世界観を描くように、繊細かつ大胆にemotionalに変化するvocal styleで日常に潜む''愛''を歌っている。 地元大阪、名古屋、広島、東京での活動を経て、現在はサポートミュージシャン、作詞家、としても活動している。 前川清、松平健(マツケンサンバ)、長渕剛、橋本環奈、橘慶太(w-inds.)、SiM、コブクロ…etc

作曲・REC・クリエーター

松井みどり / CG

帝塚山学院大学 人間文化学部を卒業後、大阪成蹊大学 芸術学部に編入。 自主制作でアニメーションを多数制作。 公共プロモーション作品活動に参加し、プロの道に進む。 映像制作会社を経て、現在三和映材社の映像エディターとして活躍中。 CM、番組、VP、WEB広告などを手掛けている。

横野 康平 / 作曲

E-girlsの「Move It! -Dream&E-girls TIME-」「Shiny girls」「サヨナラ」「Express -Do Your Dance-」、TWICE「Pink Lemonade」、AAA「I’ll be there」、「SHOUT&SHAKE」、ジャニーズWEST「ちゃうねんっ!!」などの作曲・アレンジや、2PM、KARA、TWICEなどのK-POPの楽曲を多数手掛ける。先鋭的かつパワフルなトラックとダンス・ミュージックを得意とするクリエイター。

万波幸治 / クリエーター/レコーディング

三和レコーデイングスタジオ代表。’90年、Kaja&Jammin「EARTH」でエンジニアとしてデビュー。国内外のジャズプレイヤーからは多大な信頼を得ている。大阪における録音制作に数多く携わり、在阪のアーティストからの評価が高い音楽性をポリシーとして様々なセッションをこなす。学生時代からのテクノミュージックを基とし、クラシック、ロック、アイドル、J-POP、ジャズ、など多くのジャンルで活躍中。

浅沼毅一 / 音楽理論・イヤートレーニング

姉妹校、大阪スクール・オブ・ミュージック専門学校を卒業後渡米。バークリー音学院に入学する。在学中はギターをティム・ミラー(Tim Miller)、ウェイン・クランツ(Wayne Krantz)等に師事する。ギターパフォーマンス科を優等で卒業。自己のグループ、ait guitar trioでは2003年ギブソンジャズギターコンテスト・バンド部門にてグランプリを受賞。

市和浩 / 作曲 /キーボード

1985年生まれ 港町神戸在住の音楽家。2010年に開催された上海万博では大阪府・市のパビリオン「水都大阪」にて音楽を監修して以降、様々なプロジェクト・アーティストへの楽曲に参加している。TV・ラジオCMやジングルやBGMの制作。スポーツチームのオフィシャルソングなどボーダレスに数多くの作品を手掛ける。また自身のルーツを花の島「沖永良部島」に持ち、近年は世界中のアーティストとコラボレーションしながら音楽制作を行なっている。自身のバンド「サーカスフォーカス」でも活躍中。

北野 正人 / プロデューサー

Day after tomorrowのギタリスト、コンポーザーとしてavexよりデビュー。第44回日本レコード大賞新人賞、第17回日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞。プロデュースや楽曲提供に、ZARD、神田沙也加、タッキー&翼、山下智久、テゴマス、玉木宏など。 現在、ケンミンSHOWやタモリ倶楽部、アド街ック天国などを手がける、株式会社ハウフルスに所属、ユニバーサルミュージックよりLUV K RAFTのギタリストとしても活動。

コンサート・ライブスタッフ

岩谷 千里 / 企画・宣伝・マネジメント

EMIでは黒夢・小澤健二などの宣伝を担当。DREAMS COME TRUEレーベルでは宣伝プロデューサーを 務め、大黒摩季のマネジメントにも携わる。2013年に復活しSCANDALや相川七瀬も出演してるNAON のYAONのディレクションも担当。インディーズ時代のandropやソニーBe・Tani Yuukiのプロモーショ ンもサポート。

本多 徹 / 企画制作・マネジメント

2006年〜2014年までタレントプロダクションにてマネージャーとして勤務。その後独立しイベントプロデューサー・ディレクター、キャスティング業務開始。大規模都市型マラソンの運営ディレクター、Jリーグセレモニー関連演出進行、大型商業施設でのインストアライブ、トークショーなどの企画・制作・運営に携わる。

山下 廣延 / PAエンジニア

専門学校を卒業後、サウンドラッシュに入社。 会社では演歌の全国ツアーを担当。 退社後はフリーランスとしてライブハウスやコンサート、イベントの現場に従事しました。 株式会社Flat beatに入社。コンサートやイベント現場を担当。

花森 功 / 照明エンジニア

神戸市出身。神戸国際ステージサービス株式会社所属。兵庫県の主要な劇場・ホールの管理業務で舞台照明に従事。和物・古典芸能からオペラ・バレエ・歌物・舞踊など幅広くデザインを経験。現在は主に後進の指導、劇場の技術的なディレクション等の業務に従事。舞台照明設備、舞台照明技術等幅広い知識を有し、(公社)日本照明家協会関西支部運営委員として、舞台・TV照明業界の裾野を広げるべく、各種セミナー等を企画運営。

西脇 祐也 / 映像

Cinematic株式会社 代表取締役。企業VP、CMなどの映像制作を手掛ける作家&カメラマン。その他にもドキュメンタリー、ドラマ、映画、ブライダル映像など幅広いジャンルで活躍するクリエーター。

久留須 弘和 / 企画制作・マネジメント

関西では珍しいイベントのソフト面(企画・進行・運営)とハード面(装飾・施工・特殊造形)両面の部署を持つ、株式会社レブ・クリエイト所属のイベントプランナー。テーマパークや野外イベント・ステージイベント等の企画・ステージ進行・制作業務から、国際イベント・行政イベント・大規模スポーツイベント等の企画・運営業務など、幅広い業務に携わる。

工藤 聡史 / PAエンジニア

大阪芸大在学中にPAや録音のアシスタントを経験、大学中退後、’94年「ONE VOICE」設立し、フォーライフレコード在籍のアーティストのツアーやマイクスターンのジャパンツアーのサポートや小曽根真トリオツアー後、現在京都劇場音響管理部門に在籍し、「劇団四季」の公演を担当。

井出 賢吾 / PAエンジニア

(有)津川プロ入社。ミュージカル全国ツアー、ジャーニーズ系ミュージカル公演の音響や、関西ライブハウスライブのPA業務、ライブホールツアー サウンドプランニング/デザインデジタル化に対応。津川プロ 代表取締役に就任。現在デジタルオーディオネットワーク システムプランニング等の業務を行っている。

チョ・ナヨン / 映像

韓国出身。CINEMA-EYE所属のディレクター。テレビ・映画・CM・MV・ライブ・舞台など、幅広いジャンルの映像制作を手がけている。[latest works] NHK BS8K「おとなの神戸 ハイカラ紀行」/ 映画「愛がなんだ」/ paionia「人の瀬」MV / 「氣志團」20周年記念ワンマンライブ配信

ダンス

福島 直美 / バレエ

大阪芸術大学・同大学院を共に首席入学。卒業制作作品(振付、演出)が学長賞受賞。世界大会等で受賞歴のある表現系ジャズダンスチームMemorable Momentに所属。兵庫県立ピッコロ劇団で振付、宝塚歌劇団で振付助手等もつとめる。兵庫県立宝塚北高等学校演劇科クラシックバレエ非常勤講師・大阪市立咲くやこの花高等学校演劇科舞踊講師。

清水 美香 / JAZZ

幼少期よりバレエを習い始め、8歳でジャズダンス、14歳でヒップホップも始める。専門学校卒業後、関西のテーマパークのダンサーに。その後、東京で多くの公演、舞台に出演。5年後、地元兵庫に帰郷、ダンサー兼JAZZやバレエなどの講師に。

Naoki(ricordo) / JAZZ

10歳からクラシックバレエを習い始め、16歳から独学でJAZZを始め、その後ダンスカンパニーM e m o r a b l eMomentメインメンバーとして国内や海外公演にも多数参加。ソロやチームなどで多数のコンテスト受賞をして現在は関西のみならず全国にWSや舞台出演などで活動している。

TERU(PLAY B♂Y) / JAZZ HIPHOP

Little Glee Monster Live on2020 -足跡-の振付をはじめ、関西を中心にテーマパーク、アーティストバックダンサー、ファッションショーなど様々なシーンで活動中。現在は主にコレヲグラファーとして活躍しテーマパーク、アーティストライブ,MVを手掛けるなど幅広く活動している。namie amuroFinal Tour 2018~Finally~ツアーバックダンサーとしても活躍。

YUKO NAKAMURA / HIPHOP

2008年、アメリカの大学でダンスを専攻。B o d y R o c k やHIPHOP INTERNATIONAL等のステージで入賞を果たす。2012年に帰国、AAAやDa-iCE等アーティストの振り付けをはじめ、都内多数のスタジオレッスン、国内外でワークショップをしながら活躍中。2020, 2021年AAAドームツアーのステージング担当。

TOMMY(Drip nuts JAM) / HIPHOP

ダンスだけでなくイベントオーガナイズやDJ、楽曲製作も手掛ける。POPとHIPHOPの融合したダンススタイルを軸に、様々なジャンルで活躍。2018年3月に結成されたダンスチームDripnuts JAMでは、1作品目にして初のコンテストTRUE SKOOLにて優勝。 2019年にJAPANDANCE DELIGHT vol.26FINALISTとして決勝進出。

YUTA SAKANO / HOUSE

W O R L D D A N C ECOLLOSEUM、HOOKU P ! ! H O U S E 、H O O KU P ! ! S P E C I A LSTEPPERS EDITION、TURE SKOOL、JAPAND A N C E D E L I G H T 、O S A K A D A N C ED E L I G H T 、B E A TSTREETなど数々のダンスコンテストで入賞。

おかよ / SOUL&WACCK

Battle waack 2011年優勝/2016・2017年準優勝、True skool 2012・2017年優勝、Hook Up!! waacking2 0 1 2・2 0 1 8 年準優勝、BRUSH WAACK 2on2battle 2012・2014年優勝、Female Trouble 2012・2 0 1 5・2 0 1 8 年準優勝、PLW-1大阪大会 WAACKSIDE 2018年優勝。

華奈子 / TAP

幼い頃からタップダンス、ジャズダンス、クラシックバレエを学ぶ。その頃からダンス関係の舞台やイベントに多数出演。

RAY(リミナル) / JAZZ

京都出身。3歳から18歳までクラシックバレエを学ぶ。18歳からは専門学校にてストリートダンスを学び、卒業後、大手テーマパークにてショーに出演。現在は個人でバトルやコンテスト、チームではリミナル/resonanseとしてコンテスト、ショーなど様々なシーンで活動中。

SHOJIN / THEATER JAZZ

王道なシアタースタイルからコンテンポラリーまで幅広くこなし、テーマパークで活躍しながらも、数多くの舞台、イベントにゲスト出演。頭脳派振付師としても名を馳せ、舞台ミュージカルなど振付も多数。近年では次世代を担うテーマパークダンサー、ミュージカルダンサーを育て合格者を多数輩出。

EMI(outset) / JAZZ HIPHOP

OSAKA DANCE DELIGHTvol.21 準優勝、高松市ダンスコンテスト優勝。愛内里菜コンサートバックダンサー、ニールヤング&クレイジーホース来日コンサートバックダンサー、Vlidgeライブフロントアクト&バックダンサー、avex DanceMasterビジュアルメンバー(全国TVCM/ポスター)、outset自主公演舞台「Wonder land」総合演出、TBS「週刊EXILE」出演。

TAKARA(B△MDIVA) / Girls HIPHOP

OCAT DANCE X-PLOSION2011、ICE CREAM DANCECONTEST 2015、Number、アイアンダンスコンテストなど数々のコンテストで優勝。加藤ミリヤ ロンドン公演 ダンサー出演/AI、東方神起、湘南乃風、大阪公演 バックダンサー/GENERATIONSfrom EXILE TRIBE/「BIGCITY RODEO」MV出演/スタードラフト会議などに出演。

Nori(Nasty) / プロデュース

19歳で単独渡米して以来、毎年レッスンを受けにN.Yへ。チームNASTYを結成、ダンスディライトなどのコンテストで賞を獲得。JAZZとストリートダンスを融合させたパイオニアとして数々の生徒を指導。2018年、神戸に自身のスタジオ「Dance Studio 'N'Company」を立ち上げる。

声優・俳優

浅井 ちかこ / ナレーション

MCタレント・フリーアナウンサーとして関西のテレビ・ラジオ局で、リポーター・ラジオパーソナリティを20年以上つとめる。また、企画・構成・編集の経験もあり。フリートーク ・ナレーション分野にコミュニケーション力アップのための内容も盛り込んだ授業を実施。

行澤 孝 / 演技演習

役者として、テレビ・舞台・映画に出演。2017年より劇団のホームタウンである神戸にオープンした劇場「神戸三宮シアター・エートー」の運営にも携わる。

濱根順子 / 声優

司会歴24年。官公庁の式典、弁護士主催のイベントからプロ野球選手のトークショー 、町おこしのイベント、各種発表会まで述べ2000件の司会を経験。警察官へのアナウンス講習や伝わる話し方をテーマにしたセミナー講師として自治体でも活動中。

穴見圭司 / 声優

大阪府堺市出身。 高校生の頃、友人に誘われ演劇部入部。 表現の魅力に取り憑かれ大阪芸術大学 舞台芸術学科入学。 卒業後、東京などでの公演も重ねる。 授業の時間は「研究室」と捉え、 自分自身で試行錯誤を繰り返しながら、「自分の表現」を獲得することに力を注ぐ。

木村三恵 / 声優

ラジオ関西「王様ラジオキッズ」で日本放送連盟賞・第41回ギャラクシー賞ラジオ部門大賞を受賞。「木村三恵のアイドル・パラダイス」「ビバ!タカラジェンヌ」ではパーソナリティだけでなく、番組制作にも携わる。歌のお姉さんのステージに多数出演。兵庫県では「み~んなおいで元気な子QQ体操」という子ども向けの防災ソングの振り付けと歌唱を担当。ナレーション業務はアリさんマークの引越社・個別指導塾のCMをはじめテレビ・ラジオ・YouTubeなど多数出演。シネマコミュニケーターとして舞台挨拶MCなども担当している。

佐々木孝昌 / ラジオ番組制作

1974年・神戸出身。「オフィス四ツ目屋」を屋号に、2000年からフリーのラジオディレクター、ライターとして活動中。関西で数々のラジオ番組、ラジオドラマ、イベントなどを制作。「日本放送連盟賞/ラジオ生ワイド部門」、「日本放送文化大賞/ラジオ・グランプリ近畿地区代表」など受賞。また、サブカル郷土史家として、’19年から神戸新聞で「四ツ目がとおる~兵庫はみだし近代考」を連載中。’21年に「古本四ツ目屋」を開業。古書店主でもある

上田一軒 / 俳優

自身が主催する劇団スクエアにて全作品の演出を担い、関西随一のコメディ劇団として人気を博す。俳優として、舞台・テレビなどに多数出演。演出家としても、活動多数。特に東京で評価の高いカンパニーiakuの演出では、緻密に人間関係を描く手腕で評価が高い。

大塚 宣幸 / 俳優

ワタナベエンターテインメント所属。 NHK連続テレビ小説「おちょやん」(須賀廼家徳利役)でレギュラー出演。他にも「ごちそうさん」(相澤徹役)、「マッサン」(大宮大吉役)、「舞いあがれ!」(佐藤役)など朝ドラを始めとする様々なドラマに出演。舞台では、NAPPOS UNITED presents『TRUMP 』 (主演:高杉真宙)など数多くの作品に出演している。近年はテーマパークのショーアクターや、声優、バンドマンとのコラボなど活動の幅を広げており、脚本・演出やワークショップ講師なども精力的に行っている。

楠美さえ子 / ミュージカル俳優

高校から声楽を本格的に始め、大阪音楽大学声楽科にて特別研究クラス生に選ばれ多くのステージで学ぶ。在学中より音楽事務所に所属し、クラシックの歌や司会・歌のお姉さん等の仕事を勢力的に務める。卒業後は関西歌劇団に合格し多くのオペラに出演。2007年、レコーディング現場のプロデューサーからミュージカルシリーズのヒロイン枠へ抜擢され多くの作品に出演。2013年、芸能事務所のミュージカル子役の指導を依頼され本格的に指導仕事をスタート。また「東京国際声楽コンクール」「プリマヴェーラ声楽コンソルソ」ミュージカル部門の審査員も務める。

その他多数の講師が在籍。