甲陽音楽&ダンス専門学校

神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校 0120-117-540 

訪問者別メニュー

Jazz
Instructors

Jazz講師紹介

MESSAGE 音楽は「一生できる」こと。だから一生音楽してほしい。

出身の甲南中学校 吹奏楽部がジャズを演奏しており、新入生歓迎会で先輩の演奏に魅せられて入部し、トランペットを始めました。僕自身もアメリカ在住時代にたくさんのジャンルの仕事をこなしましたが、ジャズの即興演奏で培った耳やオープンマインドがなければ対応できなかったと思います。いいミュージシャンには絶対にいい耳が必要です。ジャズの魅力はその一瞬一瞬で音楽が柔軟に変化すること。いい音楽をたくさん聴いてほしいですね。koyoは幅広いジャンルをカバーできるカリキュラムやマンツーマンレッスンでのフォローアップも魅力的だと思います。また、神戸がジャズ発祥の地ということで神戸のジャズシーンは神戸市が力強いサポートをして下さってます。神戸JAZZ DAYをはじめ素晴らしいイベントが目白押しです。いい音楽が神戸の街中に溢れるように願っています。音楽は「一生できる」こと。だから一生音楽してほしいなと思ってます。

広瀬 未来 / トランペット

甲南高校でトランペットを開始。在学中、渡辺貞夫と共演。Student Jazz Festivalではベストプレイヤー賞受賞。高校卒業後に中山正治ジャズ大賞などを受賞。’03年New Yorkへ単身渡米。ライブハウス出演やレコーディングに参加。Valery Ponomarev, Houston Person, Frank Wess, Billy Harper, Lonnie Smithら世界トップミュージシャンと共演、リンカーンセンターへの出演も果たす。リーダーアルバムは各メディアで絶賛。’14年、日本で演奏活動を展開中。

MESSAGE 自分の演奏で武器になるポイントを見つけてほしい。

ジャズの魅力は良い意味で「決まり事がない」ところ。ライブではそのメンバーだから出せる音もあるしハプニングもあるので何が起きるか毎回わからない、その熱さを楽しんでもらいたいですね。ポップスなど歌詞に共感するような音楽の楽しみ方とはまた違った魅力があります。また、アメリカ帰りのミュージシャンが本場の流行を持ち帰り、実験的で斬新な演奏を行うなど、ジャズのライブハウスによってライブの特色が違う場合もあるので、ぜひお店に足を運んで体験してほしいな。koyoではジャズ一つとってもスタンダードからコンテンポラリー、さらにフュージョンやファンクなど古き良きものから新しいものまでいろいろ学ぶことができます。また音楽業界のデジタル化にも対応、PCを使った作曲も学びクリエイティブなことにもチャレンジできるなど音楽のスキルが広がるだけでなく自分のプレイにも活かすことができるカリキュラムが特徴です。音楽をやるからには、何か1つでいいから自分の演奏で武器になるポイントを見つけてほしい。技術を磨くだけでなくいろんなプレイヤーとの出会いを通してミュージシャンとして成長してほしいと思っています。

古谷 光広 / サックス

幼少の頃より、父・古谷充の影響で音楽の基礎とピアノを学ぶ。ジャズ・サックスを赤松二郎、奥田章三、宗清洋、理論を田中克彦に師事。’98年3月アルバム「KHAMSIN」をリリース。’97年12月アトランタ、’98年9月GJOでモンタレイ・ジャズ・フェスティバル、’04〜’06年IAJEなどに参加。ほか「est−1」CMソング、「パワフルプロ野球」OPテーマ提供。円広志のセッションレコーディングにも参加。

MESSAGE ジャズの一番の魅力は、やはり即興演奏(アドリブ)。

私自身、koyoに入学してジャズを演奏する先生や学生を見たことがジャズを始めたきっかけです。ジャズの一番の魅力は、やはり即興演奏(アドリブ)だと思います。同じ曲でも演奏者によって表現の仕方やアレンジが変わるのがおもしろいところです。koyoの授業の特徴はマンツーマン/少人数制レッスンなど個人に合った内容の授業が受けられること。幅広い内容を扱うため学べる範囲が広いということも大きな魅力です。また、スクールコンサートやコンサートに参加するための学内オーディションもあり、人前で演奏する機会もしっかりあります。また、バークリー音楽大学との提携関係も大きな特徴の一つです。私もバークリーへ留学の経験がありますが、各専攻で高度な技術を身につけることができる学校だと思います。アカデミックな要素に優れていて、個人のレベルに合う効率の良い理想的なカリキュラムは素晴らしかったです。

枡田 咲子 / ピアノ

甲 陽 音 楽 学 院 を 卒 業 後 、 I A S J ジ ャ ズミーティングパリ大会に参加。バークリー音楽大学に編入し、Alex Ulanowski AWARDを受賞、ジャズ コンポジション科を首席で卒業する。 J A J Eカンファレンスや E BUアレン ジャーワークショプに参加するなど国 内外で活動。’09年ブリュッセルジャ ズオーケストラのジャズコンポジション コンテストでグランプリBIOアワードと オーディエンスアワードを受賞。

    • 藤山 龍一 / ギター

      甲 陽 音 楽 学 院 エ レ キ ギ タ ー 専 攻 を 卒業後、バークリー音楽大学へ留学。 在学中はGuitar Department Achievement Award(同大学ギ ター部門最優秀賞)を受賞。 帰国した現在はロック、JAZZ、ブラ ジリアンを中心とした音楽で、関西 を中 心にライブやレコーディングで 活躍中。

    • 荒崎 英一郎 / サックス/フルート

      大学卒業と同時に上京し土岐英史氏に師事、東京都内で活動後渡米、バークリー音楽大学を卒業。 現在、荒崎ビッグバンド、フリーダムジャズスピリッツ、10テナー・サックス・アンサンブル、ディスカルゴオオサカなどを主宰し、数々のビッグバンドアレンジで活躍中。

    • 松田 “GORI” 広士 / ドラム

      学生の頃からプロとして活動を開始、’99年に渡米、清野拓巳Dropsや栗田洋輔他、多数のアルバムに参加。Sixnorth NEXT ORDER等、プログレシーンにおいても活躍、海外レーベルよりアルバムリリース、ジャンルの枠にとらわれず繊細かつ大胆なアプローチは色彩感を失わず多数のインプロバイザーから高い評価を得ている。

    • ランドール コナーズ / サックス

      インターローケン・アーツ・アカデミー卒業後、ニューイングランド音楽大学で修士号を取得。セシル・マクビーと知り合い世界各国をツアー。ボブ・モーゼスのアルバム他、’97年セシル・マクビーのアルバム「Unspoken」にも参加。ニューイングランド音楽院、イースタン・ナザリーン・カレッジでアンサンブル、サックスの指導者として活躍。現在、精力的にライブ活動を展開中。

    • 石井 孝宏 / エレキベース

      大迫明(Tb)のLatinユニット「BESTIAS」や古谷光広(Sax)のコンテンポラリージャズユニット「ODO」、Quncho Blues Bandなどに参加。元憂歌団のボーカル木村充揮のバンドへの参加をはじめ、木村充揮×近藤房之助のユニットバンド「クレイジードッグス」でも共演する。また’12年、ボブジェームスのバンド、Sax DAVE McMARREYなどと共演。ほか、さまざまなアーティストのライブサポート、レコーディングをこなす。

    • 上山崎 初美 / ウッドベース

      1951年1月31日生まれ。21歳でプロデビュー。「川村翼トリオ」「大塚善章トリオ」「古谷充とザ・コンコード」を経て自己のグループを結成。関西一円のライブスポット、ホテル、コンサートホールなどに出演。 並行して「関西フィルハーモニー管弦楽団」「京都市交響楽団」「広島市交響楽団」「京都シティフィルハーモニー管弦楽団」、スタジオワークなど幅広い音楽シーンでも活躍。

    • 江森 文男 / ドラム

      宝塚歌劇や、東宝系ミュージカル、レビュー、ショー等での演奏、レコーディングを中心に活動中。 また、南安雄氏、服部克久氏、ボブ佐久間氏、宮川彬良氏率いるオーケストラでの演奏も数多い。 ’10年春 鹿賀丈史、市村正親 ー 「それぞれのコンサート」に参加。

    • 大島 一郎 / トロンボーン

      米阪晴夫、タイガー大越、フィル・ウィルソン、ハル・クルックに師事。大地真央・市村正親出演のミュージカルやジャッキー・チェン主演映画に出演。現在は「HEART BEAT DIXIELAND」で、あべのハルカスOPなど、関西のイベントなどで活動中。参加バンド/アゼリアジャズオーケストラ、グローバルジャズオーケストラほか。共演者/Bill Watrous、Steve Davis、Andy Martin、Bob Mintzer、渡辺貞夫、日野皓正、小曽根真ほか。

    • 岩宮 美和 / ヴォーカル

      幼少よりクラシックピアノ、声楽を学ぶ。キーボードと音楽理論を中村建治、ジャズピアノを藤井貞康に師事。小曽根真、小曽根実の伴奏で歌い、ジャズのSwingを身につける。竹下清志、荒崎英一郎とのユニットや弾き語りカルテットを結成。ライヴハウスで演奏活動を展開。著名歌手へのヴォイトレ、発声の矯正レッスン等も多数。新しい音楽を追及し、J-Popなどの楽曲アレンジも多く手掛ける。

    • 植田 良太 / ジャズピアノ

      ’03年甲陽音楽学院ジャズピアノ科を首席で卒業。バークリー音楽大学主催ワールドスカラーシップツアーにて奨学金を獲得し’04年留学。初年度から卒業まで毎年、成績上位者リストであるDean's Listに掲載される。'06年同大学を首席で卒業。Jazz、Fusion、Latin、Funk、Gospelなど幅広いジャンルをこなし、特にリハーモニゼーションやコードの組み立てに定評がある。現在、京阪神を中心に演奏活動中。

    • 清野 拓巳 / ギター、作曲

      バークリー音楽大学卒業後、ボストンを中心に演奏活動を行う。’96年帰国後、リーダーアルバムをはじめ、国内外のレーベルから50枚以上CDを発表。’96年1月、アトランタで開催されたIAJE主催・第23回ジャズフェスティバルにバークリー選抜メンバーとして出演、個人賞を授与。Jane wang(Ba)、Scott Goulding(Dr)ら海外一流ミュージシャンとWHRB、WERS等のJAZZ専門FM局にゲスト出演、海外メディアから高く評価される。

    • 和田 清茂 / ギター

      カントリー・ギターのテクニック、ブルースのフィーリング、ジャズのアイデアを自身のスタイルの基盤とするフュージョン・ギタリスト。’88年より関西を中心にサポートミュージシャン、スタジオワーク、楽器のデモンストレーター等の活動をスタート、’89年からギター講師としても活動。ライブ、ジャズフェス等にも出演。バークリー音楽大学教授 Rick Peckham氏に師事、現在は主にソロアーティストとして精力的に活動中。

    • オープンキャンパス
    • 資料請求